フィルム・インサート・モールディング(FIM)はインモールド装飾(もしくは成形)を発展させた高品質プラスチック部品を製造するために開発された多用途かつコスト効率に優れたデコラティブ(装飾法)です。逆さに印刷されたシートを適宜成形、裁断し最後に射出成型します。これによりレンズとボディなど複数のパーツをハードコートフィルムで一体化させることが可能です。

マクダーミッド・オートタイプのFIMはPC、PET、PMMAのハードコートフィルムがあり、耐擦傷性、耐溶剤性、耐薬品性に優れるとともに対象パーツの表面に新たな触感や光沢を与えることができます。成形性能はフラットに近いものから複雑な3D成形に至るまで適用が可能です。一般消費財から医療機器、車の内装部品に最適です。

カタログはこちらから →



[製品紹介]
XtraForm™ M HCL

XtraForm™ M HCL は180μまたは250μ厚の成形可能なポリカーボネート硬質フィルムです。表面はグロス、裏面はマット調の仕上げとなり、さらに表面にラミネート保護を施します。対象をデザイン形状に成形し、高い耐擦傷性、耐薬品性効果を与えるためにUV硬化をします。テーパー試験による耐摩耗性、耐溶剤性において従来の非成形品に劣らない値を示しています。製品の耐候性能は自動車業界が求める内装品の性能に適合しています。
XtraForm™ M HCL は深絞り、3Dフィルム・インサート・モールディングに適し、産業用ロボットにも対応します。表面のマット調は製造ラインにおいて、ラミネート膜なしで非常にすべりが良いのが特長です。

Features
 ・フィルム・インサート・モールディング(FIM)において、深絞り成形に適したハードコートポリカーボネートフィルムです。

Benefits
 ・従来のハードコートの硬さ、耐薬品性を保ち、深絞り成形に対応
 ・高光沢仕上げ
 ・耐薬品性の向上
 ・擦り傷、ひっかき傷、えぐり傷に強い
 ・深絞り、3D部品への適合
 ・製造ラインでの積載時に貼り付かない
 ・印刷前のラミネートは不要

Applications
XtraForm™ M HCL はフィルム・インサート・モールディング(FIM)用に開発されました。まず裏面に印刷し、同じ形状に成形します。最後に裏面から型を射出成型し、剛性を増します。この技術は次のような製品に活かされます。

 ・自動車―空調パネル、マルチメディアナビシステムパネル、インテリア装飾
 ・通信機器―モバイル機器のレンズ、ボディ
 ・白物家電―操作パネル
 ・電子機器
 ・その他パネル